HOMEスタッフブログ >☆お弁当☆

☆お弁当☆

お手軽簡単チョー安弁当

こんにちわ

サブです。

お久しぶりです。

 

本日のタイトルはお弁当です。

基本的には私毎日、お弁当やコンビニで昼食を買っていたのですが、不経済ということに気づき

最近では「手作り」という名のお弁当を持参することにしました。

なんてない普通の弁当ですが、毎日作り出すと

色や、栄養、手軽さなどが重視するようになってきます(わたし自身)

弁当

 

 

中身は定番卵焼き、豚肉と野菜の炒めもの、タケノコとわかめの煮物、冷凍ラザニア、ウィンナー

クリームコロッケです。あとは塩おむすび・・・・

実は私「しにゃ」ってなっている海苔が嫌いで常に塩おむすびなんです・・・・

ちまたでは「キャラ弁」なんてものが流行ってますが、あそこまで手間暇かけた弁当を作ることは出来ません・・・・・

小さいお子さんがいらっしゃるママさんたちを凄いと思ってます・・・・

私には出来ないセンスの良さを持ち合わせていると思います。

今でいう「勝負弁当」というものなんですね!

 

 

子供の頃、我が家の勝負弁当はエビフライが入っているかどうかがポイントでした。

たいてい、遠足や修学旅行の際は母親がエビフライをいれてくれ、尚且つ別の容器に果物までつけてくれていました!

それが我が家の勝負弁当でしたね・・・・

 

高校の頃は母親は毎日の弁当を作ることにうざさを覚え、おかずの半分が前日のおでん

ということも多々ありました(笑)年齢の増加とともに母親の手抜きになる弁当を嫌になり

結果、高校3年生の頃は学食でお昼を取っていった記憶があります。

 

キャラ弁は子供を喜ばすアイテムの一つですが、今の私にとって毎日毎日めんどくさくても

お弁当を用意してくれていた母親の気持ちは十分に理解できるようになりました。

自分のお弁当を毎日作ることすらめんどくさいと思ってますから・・・・

お母さん、毎日お弁当をつくってくれてありがとう・・・・・昔言えなかったお礼の言葉です。

 

但し、おでんのいれた時は出来ればちゃんと汁をきって入れて欲しかった…….

お弁当箱から汁がもれて、教科書についてぐちゃぐちゃになった挙句

おでんのにおいが取れなかった淡い青春のメモリーです。